• トップページ
  • サイバーセキュリティと防犯対策の関係 - 鍵屋の戦況(2)
下層ページタイトル背景

新着情報詳細

サイバーセキュリティと防犯対策の関係 - 鍵屋の戦況(2)

昨日、アメリカで個人情報が大量に流出した大規模な不正アクセス事件のニュースがありました。
Capital One Breach Jeopardizes Data of Over 100 Million People
https://securitytoday.com/articles/2019/07/31/capital-one-breach-jeopardizes-data-of-over-100-million-customers.aspx

日本でも、仮想通貨や電子マネーに関連した詐欺事件のニュースが次々と報道されています。
ということで早速、前々回の話題を続けます。
私たちの行う物理的な防犯対策がサイバーセキュリティと何の関係があるのか?という疑問の答えにもなると思います。

サイバーセキュリティのための物理的防犯対策サイバー犯罪が増加しているのは良く分かる。
でも、サイバーセキュリティの専門家ではない鍵屋の私たちに、できることなどないじゃないか。
それは一般人も一緒で、サイバー攻撃に対抗することなど何一つできないじゃないか。
・・・そんな意見が当然に思えるかもしれません。
しかし、そんなことはない、という記事が以下にあります。

How to Deter Cybercriminals With Physical Security
https://www.securitysales.com/emerging-tech/cybercriminals-physical-security/

サブタイトルとして書かれているように、サイバー犯罪を行う者は、コンピューター上に限って活動してるわけではない、という事実が重要なポイントです。
ここに書かれているように、システムに侵入するために実際に会社などの敷地内に入るという手段に対しては、物理的な防犯対策がサイバー攻撃による被害を防ぐためにも重要になることが分かるはずです。
電気錠や入退室管理システムによって許可無く立ち入る人物を防ぐことや、防犯カメラによる監視システムは、実はサイバー犯罪に対するセキュリティ対策としても有効なのです。

ITの専門家ではなくても、サイバー犯罪へのセキュリティ対策としてできることはあります。
そして今、物理的防犯対策を行うべき理由の一つとして、サイバーセキュリティの強化があげられています。

 



 

 

職人集団・キープランナーは、防犯設備士によるプランニングから電気工事まで、防犯・セキュリティーに関する作業をトータルで行っています。
あちらこちらに分散した作業で発生するミスや時間の無駄でお困りの、マンション管理会社や組合、オフィスの内装関連業務の方々からのご相談をお待ちしています。

セキュリティ   2019/07/31   キープランナー 代表

この記事へのコメント

コメントを送る

  ※ メールは公開されません
Loading...
 画像の文字を入力してください
PAGE TOP