• トップページ
  • 要注意なDIY防犯機器の設置 - 盗難のターゲットになるセキュリティ対策
下層ページタイトル背景

新着情報詳細

要注意なDIY防犯機器の設置 - 盗難のターゲットになるセキュリティ対策

サッカー日本代表のホームでのモンゴル戦は、選手が怪我を負う結果になったのが残念でしたが、バレーボールの男子日本代表は、ロシア代表相手に立派に健闘していました。
予想されているスーパー台風による被害が心配ですが、決戦になるラグビーW杯スコットランド戦が待ち遠しくなっています。
私たちの地元横浜では、既にイングランド対フランス戦の中止が決定するという残念な影響を受けています。
素早く通り過ぎてくれることを願うばかりです。

ホームモニタータイプのカメラ付きドアベルで防犯対策は万全?ラグビー観戦に大勢の外国人が来日していますが、ネット上では、日本の治安の良さに関心する人々のコメントなども見受けられます。
それでもこれが日常の私たちからすると、段々と社会の安全が失われて行くのが分かります。
結果、私たち鍵屋が鍵以外にも様々な防犯対策を講じなければならない今日となっています。
それは、訪日観光客が滞在する宿泊施設でも、オフィスや一般住宅でも同様です。

一般家庭向けの防犯対策として、私たちは以前からアイホンのようなホームモニター製品を勧めていますが、その理由の一つに防犯カメラよりも手軽に活用できる、という利点があります。
欧米でもその点は同様で、ドアベルカメラと呼ばれるホームモニター型の防犯機器が人気のようです。
人件費の高い欧米では、価格も手頃でDIYで取り付け簡単という売りが好評なのだと思います。
取り付けてみたところ、自宅の玄関先で起きている様々な不穏な動きを知り、驚くユーザーが増えているようです。
カメラが捉えた悪事をはたらく者たちへの手がかりを求めて、ネット上に公開されたビデオも数多く存在します。

以下は、そんなDIYのカメラ搭載ドアベルや防犯カメラに関する最近のカナダのニュースビデオです。

Homeowners installing cameras to catch thieves and vandals
https://youtu.be/hGT6-BQfqWE

この放送の内容に関する記事も以下にあります。

https://www.cbc.ca/news/canada/saskatchewan/home-surveillance-cameras-1.5310108

ビデオで紹介されている通り、手軽に設置できるホームモニター型のカメラが映し出す不審者たちの存在を知ることは、防犯のために確実に役に立つものです。
カメラ付きのドアベルに限らずDIYで家庭に防犯カメラを設置する場合も、防犯のためには良いことずくめな気がします。
しかしここでは、見落とされがちな2つの注意点を取り上げています。

ビデオの中ほどに登場する地元警察の担当者は、とても重要な指摘をしています。
それは、犯罪行為をビデオで撮影できたとしても、犯罪者を特定し探し出す必要があることに変わりは無い、ということです。
犯罪者の逮捕につながる捜査のための重要な手がかりとして、どこの誰だか分からない人物を特定するための映像は、それなりの高クオリティが求められる、と述べています。

ネット上では、色々な種類のカメラ搭載ドアベルが販売されています。
当然のことながら廉価版の製品では、高画質のビデオ映像は期待できません。
せっかく犯行現場の一部始終を撮影できたとしても、犯人を捕まえるための決め手にならない可能性があります。

防犯カメラがあることで犯罪抑止になるからいいじゃないか、という考え方も確かにあります。
しかし、犯罪者もカメラの存在を知っているということは、その邪魔なカメラの存在を消せばいいだけじゃないか、ということになります。
ビデオでは、防犯カメラの撮影を妨害する犯罪者が映し出されています。
それどころか、ドアベルカメラを取り外そうとする輩も登場します。
防犯機器自体が盗難の対象になり得るわけです。

実際に防犯カメラの盗難現場をドアベル型のカメラが捉えていたという最新ニュース映像が登場したので、以下に追加します。
ちなみに盗まれた防犯カメラは、5万円弱ほどのものだということです。

‘Camera gone’: Langley home security camera catches its own theft
https://globalnews.ca/news/6023335/langley-camera-catches-theft/

ホームモニターや防犯カメラを設置する際には、映像の品質や設置場所が重要だという事がよく分かると思います。
私たち防犯対策の専門家にとっては当然のことも、DIYセキュリティの盲点にならなければ良いが・・・と気になるニュース映像でした。

 



 

 

職人集団・キープランナーは、防犯設備士によるプランニングから電気工事まで、防犯・セキュリティーに関する作業をトータルで行っています。
あちらこちらに分散した作業で発生するミスや時間の無駄でお困りの、マンション管理会社や組合、オフィスの内装関連業務の方々からのご相談をお待ちしています。

セキュリティ   2019/10/11   キープランナー 代表

この記事へのコメント

コメントを送る

  ※ メールは公開されません
Loading...
 画像の文字を入力してください
PAGE TOP