MENU

鍵屋のブログ

サイバーセキュリティと防犯対策の関係 - 鍵屋の戦況(5)

師走の空の下、師でもないのに走るかのように高速で年末に向かって来ました。
そして、今年も残すところあと一日となりました。
元号が変わり2000年代も20年が経ち、私たちのセキュリティ業務の世界も変わりつつあります。

現実世界の防犯対策がハッキング被害を防ぐ もう随分と前の事のように感じますが、今年の夏頃には、サイバーセキュリティと私たちの専門である物理的な防犯対策の関係を考察をしました。
そして先月、また引き続きその話題に関連した記事がありました。

以下の記事によると、この回で見た記事の中で指摘されていた「システムを攻撃する最も簡単な方法は、物理的にアクセスすることだ 」という事例が、実際に起きていた事が分かります。

Physical and cyber threats collide in data theft incidents at N.J. businesses
https://www.securityinfowatch.com/security-executives/article/21115196/physical-and-cyber-threats-collide-in-data-theft-incidents-at-nj-businesses

この事件では、アメリカ・ニュージャージー州の会社に実際に侵入して技術情報を入手した犯人の手口が明らかになっています。
まずは、他人の身分証明書を使用して不法侵入し、アクセスバッジを取得して何度も施設へアクセスできるようにしています。
そして、社内のパソコンにハッキング用のプログラムを仕掛けて社員達のログイン情報を取得し、リモートで目的の情報を手に入れる、と言ったものだったようです。
いわゆる「ハッカー」と言われる人々は、コンピューターに張り付いた引きこもりのような存在で、どこか離れた場所から犯罪を行うというステレオタイプなイメージは、もはや時代遅れです。

オフィスの正面玄関から堂々と出入りするハッカーを見つけ出すのも、その現実世界での不法侵入を防ぐのも、サイバーセキュリティの専門家とタッグを組んだ私たちが行う物理的防犯対策の役目です。
要所に設置する防犯カメラや入退室管理システムによるアクセスコントロールは、サイバーセキュリティの最前線の防御ともなるのです。

私たちがこれから直面するセキュリティをめぐる攻防を予見しつつ、年末のご挨拶とさせていただきます。
今年も皆さまには、大変お世話になりました。
どうぞ良いお年をお迎えください。

2019/12/30        キープランナー 代表   |    タグ: , サイバーセキュリティ , スマートフォン , 防犯カメラ , 入退室管理 , 電気錠 , セキュリティ , ロック

COMMENT LIST

COMMENT FORM

  ※ メールは公開されません
Loading...
 画像の文字を入力してください