MENU

鍵屋のブログ

コロナ時代のセキュリティ(2) - 防犯機器をコスト抑制にも

新型コロナウィルス騒動で大きな損失を被った商業施設などでは、すっかり遠のいてしまった客足を戻すために様々な努力をしています。
パンデミック以前からデフレが続いている日本ですが、更なる値引き合戦も盛んです。
しかしアメリカなどでは、私たちからは信じがたい様々な価格上昇の動きがあるようです。
以下の記事では、コロナ税ともいえるサーチャージが加算される状況が説明されています。

COVID-19 surcharge: Why you're seeing extra fees on your bill
https://www.cnet.com/personal-finance/covid-19-surcharge-why-youre-seeing-extra-fees-on-your-bill/

例にあげられている美容院などは、営業時間や入店の人数制限で確実に売り上げが減るのに、COVID-19の感染防止対策が必要になっています。
マスクや拭き掃除用の消毒剤を買うコストが加算されるという状況は、日本の商店などでも同様です。
そういったコロナ対策費は、日本のビジネスにとっても無視できないはずです。

しかし、追加料金という手段に関しては、アメリカ人でさえ加算された場合は次回は他を考える、という実情があることが以下の記事から分かります。

COVID-19 Related Surcharges May Pop Up on Your Next Bill
https://www.nbcboston.com/investigations/consumer/nbc-boston-responds/covid-19-related-surcharges-may-pop-up-on-your-next-bill/2135002/

追加料金の導入は、商売にとって最終的にリスクが高い行為で、日本では無理な選択肢だということでしょう。
とはいえ、いつまで続くのか分からない感染防止対策に、当面は消毒剤や使い捨てシート等を使い続けなければなりません。
増えたゴミから無駄を感じ、環境を破壊する罪悪感まで抱く人がいるのも無理はありません。

この事態の改善に私たちが提案できるのは、非接触型防犯機器の導入です。
中でも非接触ボタンは、このところ大いに注目を集めています。
手に触れる場所に対する清掃作業にかかる時間やその人件費や消毒剤が無駄だというのなら、そもそも手で触る場所を減らせば良いはずだからです。

非接触式解錠スイッチ SI-58B

新型コロナウィルスの感染防止対策に出費がかさむという話をしているのに、新たに防犯機器を買うなど有り得ない、と言われてしまうかもしれません。
しかし、後々まで使うことができる防犯機器は、全くの無駄にはならないはずです。
接触を減らすことによって、オフィスの訪問者や店舗の来客の不安を減らすこともできます。
利便性とセキュリティを兼ね備えた非接触ボタンは、そのシンプルな機能で感染防止効果が期待されています。

 

2020/06/30        キープランナー 代表   |    タグ:ロック , , 入退室管理 , アクセスコントロール , 電気錠 , セキュリティ

COMMENT LIST

COMMENT FORM

  ※ メールは公開されません
Loading...
 画像の文字を入力してください