MENU

鍵屋のブログ

DIYセキュリティのリスク - 再び表面化した危険

新型コロナウィルス対策で外出を控える事情から、DIYが人気になっているようです。
様々なものを手作りする流行の中に、防犯対策の自作も含まれているのかは不明です。
しかし、先月またしても不安なセキュリティ関連記事を目にしました。

DIYセキュリティの危険記事の主役はGuardzillaという中国の会社です。
名前はいかにもな感じですが、手頃な価格のホームセキュリティカメラのメーカーでそれなりの販売実績があり、しかし今まで何度かセキュリティ上の問題が発覚し、それを無視し続けていたメーカーでもあります。

Guardzilla Shuts Down, Leaving Security Camera Customers Stranded
https://www.consumerreports.org/home-security-cameras/guardzilla-shuts-down-leaving-security-camera-customers-stranded/

記事では、この小さなメーカーが、セキュリティ上の欠陥や役立たずになったカメラを小売店に残したままひっそりと廃業した、と伝えています。
そのため、メジャーなチェーン店やオンラインサイトなどでも、このメーカーのセキュリティカメラが販売され続けているようなのです。

Guardzillaのカメラは、アプリにサインインしたり新しいカメラをアカウントに追加することができなくなった、ということがコンシューマー・レポートの製品テストで判明しているそうです。
なので、「買っても何の役にも立たないので買わないように」と警告しているわけです。

他メーカーのインターネット接続型のカメラ同様、Guardzillaのカメラも会社のサーバーにユーザーのビデオ映像を保管していたということですが、現在そのサーバーはシャットダウンされているようだ、と書かれています。
「しかしそれは、ビデオ映像が消えたという意味ではない」という一言は、ユーザーを更なる不安に陥れるものかもしれません。
記事には、「オフィスの椅子や古いファックス機とは異なり、ユーザーの個人的なビデオは会社の資産の1つであり、売却で譲渡することができる」という説明があります。
せっかく買った防犯カメラが使えなくなっただけでも迷惑ですが、問題はそれだけでは無い可能性があるようです。

こういった形でシステムをシャットダウンし、ユーザーの手元にゴミと化した機器を残して消えたメーカーは、この会社が初めてではないと書かれていますが、確かに前にも目にしたことがあるような話です。
なぜ同様のケースが何度も起きるのか?
「これは間違いなくIoTに関する体系的な問題だ」というコンシューマー・レポートの専門家のコメントで、その理由が分かると思います。

IoT機器が必要とするサーバーやシステムは、製造元などが維持管理を行わなければなりません。
DIYセキュリティと名乗っていても、IoTの防犯機器は、自分で所持や管理をしていないサーバーやシステムに依存しているのが実情です。
もちろん、優れたDIYセキュリティ機器も存在します。
鍵屋の私たちが自分たちの仕事を奪われないように、DIYセキュリティの恐怖を煽っているわけでもありません。
しかし、DIYセキュリティ機器として人気の低価格帯防犯カメラ製品には、この類の危険性が潜んでいることは事実です。
そしてGuardzilla社の360度HD防犯カメラは、今でも日本のアマゾンのサイトで販売されています。

2020/07/31        キープランナー 代表   |    タグ:防犯カメラ , セキュリティ

COMMENT LIST

COMMENT FORM

  ※ メールは公開されません
Loading...
 画像の文字を入力してください