MENU

鍵屋のブログ

鍵屋は新型コロナウィルスと戦えるのか?(2) - 利点を活かせる防犯機器

新年度を目前に、新型コロナウィルスの脅威は収まる気配がありません。
日本も欧米諸国同様に、自治体の封鎖や非常事態宣言に至るのかどうかの瀬戸際に来ているようです。
各地の医療関係者の奮闘を見るにつけ、私たち鍵屋でさえも何とか役に立つことは無いものかと切実に思ってしまいます。
ということで、今回も引き続き対ウィルスで活躍が見込めるのではないか?と思われる防犯機器に関する記事を取り上げてみます。

Why Facial Recognition Systems Could Rise In Popularity During Coronavirus Pandemic
https://securitytoday.com/articles/2020/03/20/why-facial-recognition-systems-could-rise-in-popularity-during-coronavirus-pandemic.aspx

インターロック これは、前回同様に顔認識システムに関する記事です。
熱を測る機能があったり、マスクを着用していても顔を判別できるという高度なシステムである事を紹介している点は、前回の記事と同様です。
しかし今回は、少し異なる視点で書かれている部分があります。

記事では、重要施設へのアクセスを制御する入退室管理システムの主流は、生体認証によるものになっている、と述べられています。
具体的には、私たちが設置しているような電気錠の開閉を指紋認証によって行うケースが一般的になっている、と説明されています。
当然ですが、指で指紋読み取り用のスキャナーにタッチする必要があるわけです。

しかし、この新型コロナウィルスのパンデミックにより、ニューヨークの交通局や警察などが職員用の指紋認証システムをシャットダウンしているそうです。
大勢の人が触った機器の表面がウィルスに汚染されているかもしれないと考えるのは、至極当然のことです。

とは言え、セキュリティをないがしろにして、アクセスコントロールを無効にしたままにするわけにもいきません。
顔認証システムが非接触の認証システムであることに注目すれば、監視カメラに搭載する顔認識システムのケースとは違う意味で脚光を浴びつつあるのも納得でしょう。

セキュリティを強化しつつもウィルスと戦える防犯機器。
直接的な意味で有効とは言えませんが、中国やドイツのメーカーの売り込みが功を奏すれば、感染症予防にも効果的な防犯機器として顔認証システムの活用が広がる可能性があるのかもしれません。
 

≫ 続きを読む

2020/03/31        キープランナー 代表   |    タグ:ロック , , 入退室管理 , アクセスコントロール , 電気錠 , セキュリティ

鍵屋は新型コロナウィルスと戦えるのか?(1) - 防犯対策ができること

新型コロナウィルスによる大混乱が世界中で続いています。
日本の鍵屋の私たちにできることは限られますが、セキュリティ業界でもさまざまな模索を続けているようです。

日々の報道からも明らかなように、感染者の隔離は新型コロナウィルスの蔓延を防ぐための鍵とされています。
そのため、ウィルスの感染が分かった人物が、過去に接触のあった人々や物や場所の特定が重要になるわけです。
その作業には、私たちが各地で設置しているような、防犯カメラが大きな役割を担っている場合もあるはずです。

顔認識VS新型コロナウィルス防犯対策のために設置された機器は、このような非常事態に対しての有益性も持ち合わせています。
以下の記事は、そういった防犯機器の機能の一つである顔認識システムの利点について考察しています。

Can facial recognition help contain the Coronavirus?
https://www.ifsecglobal.com/asia/can-cctv-help-contain-coronavirus/

顔認識は新型コロナウィルスの蔓延を防ぐ助けとなるのか?というタイトル通りのテーマで書かれています。
中国では顔認識が新型コロナウィルスの感染拡大阻止に効果を発揮している、とロイターが示唆しているようですが、プライバシー問題を含め様々な議論の余地があるシステムであることは事実です。

中国のケースでは、監視カメラに搭載された顔認識システムにより感染者の行動を把握することができ、迅速に隔離することができるため感染拡大を防ぐことに成功している、とされています。
更に監視カメラの一部には体温測定ができる機能もあり、発熱を感知して感染者を見つけ出している可能性もある、と伝えているようです。

実は、こういったシステムの活用が表面化した時点では、人々がつけているマスクが顔認識機能に影響すると思われていたようです。
しかし中国のメーカーは、マスク着用の人物の顔認識を可能にする技術があるので問題ない、と述べているとのことです。

記事では、監視カメラやAIやビッグデータ、特に顔認識を使うことに関して懸念はあるが、これは確かに興味深い技術の使い方の例だ、と書かれています。
そして、中国以外の各国政府も新型コロナウィルスを封じ込めるための強化策として、こういった手段を使う可能性があるだろう、という意見で締められています。

社会の安全という意味の広義の「セキュリティ」に対して、私たちも貢献できているということで素直に喜んで良い事例なのかどうか?
その判断ができるのは、まだまだ先のことになるのでしょう。


 

≫ 続きを読む

2020/03/21        キープランナー 代表   |    タグ:防犯カメラ , セキュリティ

新型コロナウィルスと危機管理 - それでも防犯対策作業は続く

年明けからブログが滞っていましたが、新型コロナウィルスの影響ではありません。
ホームページのリニューアルで、新しいシステムへの移行に少々手間取りました。
ようやく整ってきたので再開です。

東日本大震災から早くも9年が経ちました。
このウィルス騒動で、世界からは忘れ去られている感もあります。
しかし、微力ながらも復興のためのお手伝いをさせて頂いている私たちは、被災地の姿を忘れてはいません。
今回デザインを新しくしたホームページの画像の1つには、その思いも込めています。

防犯対策作業は新型コロナウィルス対策と共に大きな力に対峙する自然災害に限らず、目に見えない小さなウィルスに対しても私たち人間は脆弱ですが、決して無力ではありません。
身を守るためにできることを探し続けています。
当面の出社や外出を避けるのもその一つです。
しかし、人間や場所や物を物理的に守る私たちは、家やオフィスにこもっているわけにはいきません。

悪事を働く輩が、ウィルスを恐れて活動を控えるぐらいの知能を持ち合わせているとは限りません。
むしろ、人の目の少ないこの機をチャンスととらえてしまう可能性があります。
ということで、通常通りの作業を行う必要がある私たちにとって重要なのは、正しい情報に基づく効果的な感染予防策ということになります。

コロナウィルスに関する情報は、巷に山のように溢れています。
もう何を信じていいのか分からなくなって、妙な話を信じてしまう人々がいるのも無理がないかもしれません。
世界的権威のはずのWHOは、政治的な傾向があることも明らかになってきている今、大量の情報に疑心暗鬼になるぐらいなら、基本的なポイントだけを抑えるのが得策だと思います。

以下は、感染症対策の専門家とされているCDC(アメリカ疾病管理予防センター)による、極めて基本的で単純明快な新型コロナウィルス対策のページです。

Steps to Prevent Illness
https://www.cdc.gov/coronavirus/2019-ncov/about/prevention.html

アメリカに住む多種多様な人々に対して説明するとなると、これぐらいシンプルである必要があるのでしょうが、有効であることも確かなはずです。

自分の身を守るためには、石鹸を使って20秒間手を洗い、目や鼻や口を触るな、体調が悪い人には近づくな、の2点。

他人に病気をうつさないためには、体調が悪ければ家にいろ、くしゃみや咳をまき散らさないようにカバーしろ(マスクは推奨だが症状が無ければ不要)、テーブルやドアノブなどよく触る部分は清潔にしておけ、の3点。

基本はこれだけです。
掃除や除菌に必要なアルコールや漂白剤の分量も書かれていますので、気になる方には参考になるでしょう。

「皆さまの安全を守る!」と言いながらウィルスを運んでしまうのは、避けなければなりません。
私たちもこの基本的な対策を怠らず、防犯対策のための業務を続けます。

≫ 続きを読む

2020/03/11        キープランナー 代表   |    タグ:災害 , セキュリティ