MENU

鍵屋のブログ

鍵屋は新型コロナウィルスと戦えるのか?(5) - ロックダウン下の防犯対策業務

新型コロナウィルスの感染拡大防止中で、今年のゴールデンウィークはすっかり台無しになっています。
楽しい計画もあったはずの多くの人たちと共に、私たちも辛抱の時期が続いています。
感染の勢いが衰えるスピードが遅いようですが、ここまでの数々の犠牲を台無しにしたくはありません。
私たち素人は、引き続き専門家の先生たちの意見に従うべきでしょう。

ロックダウン下のセキュリティ業務先日、ここで気を緩めれば今までの努力が水の泡だと警告していたのは、感染入院から生還したイギリスのジョンソン首相です。
イギリスは、先月のロックダウン以降、徐々に感染拡大が収まる兆しが見えてきているようです。
ロックダウンされた社会での生活は、日本の私たちの想像以上に困難なものだと思います。
私たち鍵屋の同業者たちが、かの地でどのように活動を続けていたのか?
先月の以下の記事では、その模様を簡潔に伝えています。

What are installers doing in response to the coronavirus?  
https://www.ifsecglobal.com/installer-zone/what-are-installers-doing-in-response-to-the-coronavirus/

これによると、入退室管理システムや防犯カメラ等の防犯対策機器の導入を行っている業者は、やはり緊急の作業のみを行っている、ということのようです。
既に予約が入っていた作業は、状況が改善されるまでは延期というわけです。
お客様はもちろんのこと、作業を行う私たち自身や家族も危険に晒すことになってしまうのですから、政府に言われた通りにしていると言うよりも、むしろ当然の対応だと思います。

作業予定の変更については、顧客からも理解を得ていることが、記事内に引用されているTwitterのやり取りからも良く分かります。
身の安全が一番重要だと言う点は、作業を行う私たちも私たちに防犯対策を依頼して下さるお客様も、「異議なし!」だということです。

感染拡大防止のために、「必要以上に出歩くな!」と言う明確なメッセージがあります。
私たち鍵屋も、私たちにできることを行っています。

≫ 続きを読む

2020/04/30        キープランナー 代表   |    タグ:災害 , ロック , , 防犯カメラ , 電気錠 , セキュリティ

鍵屋は新型コロナウィルスと戦えるのか?(4) - セキュリティ業務はキーワーカーの仕事

世界各国で発令された緊急事態宣言は、日本と比べてかなり厳しい制限が課せられているようです。
必要以上の外出はできず、キーワーカー以外は仕事もできない状態が報じられています。
今のところ日本は欧州や北米程の重大な事態に陥っていないため、政府による「緩やかな外出制限で何とか切り抜けたい」願望は理解できます。
しかし少なくとも現時点では、この新型コロナウィルスの感染拡大を防ぐ手立ては、感染者の隔離や人々の間の接触の遮断といった作戦に限られている事も事実として知っています。
素人の感覚では、欧米諸国のような厳格な外出規制で一気に収束を図った方が、不自由な生活が長引く可能性が低くなる気がします。
短期決戦!と言われた方が、精神的にもダメージが軽減されます。

防犯対策業者はキーワーカーそれなら自分たちが率先して業務を完全休止して家にいろ、と思われるかもしれませんが、実は私たちセキュリティ対策業務の従事者は、厳格な外出制限を敷く欧米でも、生活の維持のために不可欠なキーワーカーとして考えられています。
以下、2つの記事がその辺りの事情を説明してます。

Should security professionals be considered key workers?
https://www.ifsecglobal.com/security/should-security-workers-be-considered-key-workers/

Security Workers Classified as Essential Critical Infrastructure Workers
https://securitytoday.com/articles/2020/03/24/security-workers-classified-as-essential-critical-infrastructure-workers.aspx

最初の記事では、「セキュリティ専門家はキーワーカーと考えるべきなのか?」と言うタイトルに呼応して、その答えが「Yes」である理由が説明されています。
サイバーセキュリティの専門家であろうと、私たち鍵屋のような物理的防犯対策の専門家であろうと、全てのセキュリティ業務を行う者はキーワーカーと考えるべきだ、と述べられています。
そして、医療関係者が人々を守っているように、私たちセキュリティ業務に携わる者は、国家の経済や有形無形の資産を守っているからだ、と言う理由が説明されています。
休業したオフィスや施設に残された重要なデータや高価な機材等を狙った犯罪が増えれば、防犯対策が必須になる事態なのは誰の目にも明らかでしょう。
記事では、英国政府におけるキーワーカーの定義についても触れられています。

2番目の記事では、セキュリティ業務を行う者はキーワーカーに分類されている、という米国政府のガイダンスが取り上げられています。
米国国土安全保障省によって重要なインフラ業界と定義されている仕事の人は、通常通りの業務を維持する特別な責任があるという事のようですが、サイバーセキュリティや重要なインフラのセキュリティを担う者は、当然その中に含まれています。

鍵屋がキーワーカーとされる理由の説明に、国家インフラや重要施設のセキュリティを引き合いに出すまでもないかもしれません。
家の鍵を紛失してしまって外出制限中だというのに家に入れない、という状況になった時。
日本全国の鍵屋が全面休業中で誰も家の鍵を開けに来てくれないという事態は、誰にとっても十分な一大事でしょう。

鍵屋の私たちが文字通り「キーワーカー」となり注目される世界は、決して幸せな世界ではありません。
しかし、私たちは私たちの責務を果たすまでです。
再び平穏な生活が戻るまでの辛抱が続きます。

≫ 続きを読む

2020/04/21        キープランナー 代表   |    タグ:災害 , ロック , , サイバーセキュリティ , 防犯カメラ , 入退室管理 , アクセスコントロール , 電気錠 , セキュリティ

鍵屋は新型コロナウィルスと戦えるのか?(3) - 防犯対策業者への影響

先週、ようやく日本にも緊急事態宣言が出されました。
厚生省のクラスター対策班の専門家が掲げる接触の8割減目標に準じて、私たちも実質2割の稼働率で営業を続けています。
貴重な財源を使ったマスク2枚に唖然とさせられた多くの有権者は、何とか次の選挙まで生き延びて、その意思を政治家に伝える必要がありそうです。

遅すぎる日本政府の対応には、大惨事が起きる事を待ち望んでいるかのような欧米メディアの批判的な報道もあります。
彼等はほんの数か月前まで、英国船籍のクルーズ船に対する日本の対応を非難し、マスクをするアジア人を蔑み、日本や中国で人々がスーパーマーケットに殺到する様を冷笑していました。
しかし今や、何隻ものクルーズ船の着岸を拒否し、国際市場のマスク強奪戦に参戦し、トイレットペーパーの買い占めに走っている有様です。
日本への苦言のような素振りの報道は、少なくとも今の時点では、真っ当な意見として受け入れる価値も無い気がします。

緊急事のセキュリティ対策緊急事態宣言に法的拘束力が無いと言うならば、今こそジャパンズウェイの見せ所かもしれません。
日本人それぞれが最善の策を選択し行動できるのならば、強制的に生活を制限される必要はないでしょう。
スポーツに日本人独自の良さを求めるなら、このような非常時にも同じ価値を求めずにはいられません。

医療崩壊を防ぐ最善の策として、不要不急の外出を自粛し、人との距離を保ち、しっかり手を洗うぐらいのことは、ジャパンズウェイに織り込み済みのはずだと信じて、鍵屋の私たちも正念場を生き延びています。
という事で今回は、まだアメリカが今のような状態になる前に出された以下の記事に注目しました。
「ウィルスとの戦闘の最前線に立つセキュリティの専門家」ということで、私たち防犯対策業務を行う者が直面するであろう事態も取り上げられています。

Security professionals man the frontlines on virus battlefield
https://www.securityinfowatch.com/security-executives/article/21128697/security-professionals-man-the-frontlines-on-virus-battlefield

当然ですが既にこの時点で、アジアや中東・ヨーロッパでのコロナウィルス感染拡大を食い止めることはできない、という予測がされてます。
更に、トランプ政権の予算削減によるCDCの機能の限界を見越し、各企業は自力で乗り切る覚悟が求められています。

この記事に登場するセキュリティコンサルタントが取り上げている細かい例は、ほとんどがサイバーセキュリティの分野に属するものです。
しかし、大枠のセキュリティとして一番最初に必要とされる事の中に、落とし穴として指摘されている重大な事実があります。
それは、私たち防犯対策業者も、私たちに防犯対策業務を依頼して下さる方々同様に、今回の新型コロナウィルスの感染拡大の影響を受けている、という事実です。

セキュリティ業務を専門の業者に委託している企業や個人は、アメリカ同様に日本でも珍しくありません。
契約上、セキュリティ業務を請負う専門業者は、何らかの緊急事態が発生したような場合でも、間違いなく業務を遂行することが求められているはずです。
例えば、私たちのような防犯機器を取り扱う防犯対策業者であれば、原則として緊急事態下においても、防犯機器のチェックや設置の依頼に対応することが必要とされます。

しかし、今私たちが直面している緊急事態は、ウィルスによる感染症の拡大です。

このセキュリティコンサルタントによる「自分自身の組織と同じように、彼等もウイルスによる影響を受けていることを忘れるな」という一言が、落とし穴の正体を現しています。
セキュリティ業務を行うはずの業者が、感染症や感染拡大防止のために人員不足や営業停止に陥れば、万全にしておかなければならないセキュリティ対策はどうなるのか?
契約の不履行を声高に訴えることはできますが、打つ手は無いのが実情かもしれません。

セキュリティに関する業務は、専門業者や担当者に一任しているので問題ないという考え方には、明らかに盲点が存在します。
私たち防犯対策の専門家にも、顧客を守るセキュリティの限界が訪れる可能性があることを否定できません。
この新型コロナウィルスの緊急事態は、そういう次元の問題です。
日々、気を引き締めて挑んでいます。

≫ 続きを読む

2020/04/13        キープランナー 代表   |    タグ:災害 , サイバーセキュリティ , セキュリティ