MENU

鍵屋のブログ

鍵屋の怒り再び - 悪徳防犯対策業者の所業

ロシアによるウクライナ侵攻に世界中が憤慨しています。
日本の船舶も攻撃による被害を受けたという報道もあり、全くもって他人事ではありません。
時代錯誤も甚だしい軍事行動を、国際社会が許すはずがないのは当然です。
むしろ、独裁者のような年寄りの野望のために未来を犠牲にするロシアの若者たちこそ、許してはならない暴挙でしょう。
ウクライナの人々がなんとか無事に生き延びてくれることを祈るばかりです。

21世紀とは思えない暴挙に言葉を失う中、私たち鍵屋にとっては更に怒り心頭な以下のニュースがありました。

「鍵のレスキュー」停止命令 クーリングオフ応じず―消費者庁
https://www.jiji.com/jc/article?k=2022022501354&g=soc

具体的な名前にピンと来なくても、以下のニュース動画にあるホームページのデザインを見て、被害に遭ったことが判明する事もあるかと思います。

鍵修理業者2社に消費者庁が一部業務の停止命令
https://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye6004726.html

信用できる鍵屋を選んで下さい!詐欺や悪徳商法の被害者に対して、往々にして自己責任のような理論を振りかざす人々がいますが、どう考えても悪いのは悪事を行う者です。
そしてこの件に関しても、自己責任論は的外れな批判です。
はっきり明示されている金額を目安に仕事を頼んだ人々は、一刻も早く困った事態を解決するために、私たちのような鍵屋に助けを求めただけだったはずです。

報道では概要のみ伝えられていますが、消費者庁のサイトには、以下のようにしっかりと全容が公開されています。

「鍵のレンジャー」、「鍵のレスキュー」、「鍵の出張24時間センター」、「鍵の110番24時間」、「鍵のラッキーセブン」、「カギの24時間救急車」、「カギの110番」、「鍵の110番救急車」と称して行われる鍵の開錠・修理等に関する役務の取引に関する注意喚起
https://www.caa.go.jp/notice/entry/027673/

更に詳しいニュースリリースも、以下のPDF書類で読むことができます。

「鍵のレンジャー」、「鍵のレスキュー」、「鍵の出張24時間センター」、「鍵の110番24時間」、「鍵のラッキーセブン」、「カギの24時間救急車」、「カギの110番」、「鍵の110番救急車」と称して行われる鍵の開錠・修理等に関する役務の取引に関する注意喚起
https://www.caa.go.jp/notice/assets/consumer_policy_cms103_220225_01.pdf

この文書から、上記のタイトルにもある8つの事業者は、実は全て一人の人物によって運営されていることが分かります。
恐らくネット検索の上位に表示されることも意識した業務形態だと推測できます。
そして、この悪質な取引に対する2月24日付けの業務停止命令が、6か月であることも分かります。

再び「鍵屋」と称する不届きものがはびこることの無いように、悪徳鍵屋関連の記事に注目した過去のブログのリンクを再度掲載することにします。

Googleで誰でも鍵屋︖ - 即席セキュリティ・プロにご注意
このブログは2016年のものですが、既にこの手の手法が問題になり始めていることが分かります。

続いて、新型コロナウィルスのパンデミック最中に多発している事件に関するブログです。
防犯対策のプロ選び - 悪質な鍵屋を避けるには
コロナ禍の防犯関連詐欺 - 偽鍵屋の所業(1)

新しい鍵を手に入れようとしただけで損害を受けるのは、全くもって理不尽な事です。
とはいえ、どうやってしっかりした鍵屋を見つけたらよいのか分からず、困っている方も少なくないと思います。
どうかこの過去ブログの記事を参考に、「自称鍵屋」からの被害を避けて頂きたいと思います。

≫ 続きを読む

2022/02/26        キープランナー 代表   |    タグ:ロック , , 電気錠 , セキュリティ